シュノーケルで人気の青の洞窟を楽しむ

日記青の洞窟をめ〜いっぱい楽しむ!

沖縄県恩納村にある青の洞窟はクマヤーガマとも呼ばれる観光名所のひとつで、ダイビングの人気スポットです。青の洞窟でシュノーケルを楽しめるお店はたくさんありますが、サービスや金額は千差万別です。例えば、青の洞窟へ行くには約100段程度の階段を上り下りする浜ルートと、ボートで洞窟の近くまで行く海ルートがあります。浜ルートは重たい器材を背負って階段を移動することになりますが、その分リーズナブルになっていることも多く、とにかく金額重視の方にお勧めです。逆に、洞窟まで体力を温存したい方は海ルートが良いでしょう。


また、ダイビングの際のスタイルもお店によって違がありまます。技術の熟練度に合わせて自由に泳がせてもらえるお店もありますので、あらかじめチェックしておきたいところです。経験があるなら、掴まれたままではなく自由に泳げば楽しさも倍増します。神秘的な洞窟を十分満喫できるでしょう。もし初心者であれば、ずっと掴んだままダイビングすることもきますので安心です。このように、ダイビングを楽しくするために注意が必要なポイントはほかにも幾つかあります。せっかくの思い出作りで「こんなはずじゃなかった」と後悔しないように、自分の希望に合ったお店を選びましょう。